読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rakugaki

スポーツ、芸能、ニュースなどの最新情報をお届けします。

2017年【作品名は?】恩田陸さんが本屋大賞と直木賞をダブル受賞!

f:id:youteg:20170411205042p:plain

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00050111-yom-ent.view-000

 

2017年本屋大賞(同賞実行委員会主催)が4月11日発表された。

本屋大賞恩田陸さん(52)の「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)。

 

また、本作は第156回直木賞にも選ばれており、直木賞本屋大賞のダブル受賞は史上初の快挙です!

 

 

 

 

恩田陸さんとは

 

プロフィール

  • おんだ りく
  • 本名: 熊谷 奈苗(くまがい ななえ)
  • 964年10月25日 
  • 小説家

 

作風

 

郷愁を誘う情景描写に巧みで「ノスタルジアの魔術師」と称されています。 

ファンタジーの賞からデビューしたが、ジャンルの枠にとらわれず、SF、ミステリー、またはクロスジャンルの作品と、幅広く執筆している。

引用:Wikipedia

 

受賞作品 「蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷」(幻冬舎

 

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。*1

 

本屋大賞とは

f:id:youteg:20170411204808p:plain

引用:公式アカウントより

 

全国書店員が選んだ「いちばん!売りたい本」を投票で決めた大賞。

 

選考方法

一次投票には全国の446書店より書店員564人、全国の446書店、書店員564人ノ投票。

二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票。

 

2017年本屋大賞 作品一覧

 

 

 

恩田陸 ほか作品

夜のピクニック

こちらは、2005年の本屋大賞を受賞した作品。

 

トーリー

全校生徒が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事「歩行祭」。

3年生の甲田貴子は、最後の歩行祭、1年に1度の特別なこの日に、自分の中で賭けをした。

それは、クラスメイトの西脇融に声を掛けるということ。貴子は、恋心とは違うある理由から西脇を意識していたが、一度も話をしたことがなかった。

しかし、ふたりの不自然な様子をクラスメイトは誤解して…。*2

 

参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00050111-yom-ent.view-000

スポンサーリンク