Rakugaki

スポーツ、芸能、ニュースなどの最新情報をお届けします。

乱闘の原因は浦和レッズにもあった!?【浦和vs済州】2017ACL

スポンサーリンク

f:id:youteg:20170601072102p:plain

引用:https://twitter.com/SoccerKingJP/status/869903419078660101

AFCチャンピオンズリーグACL)決勝トーナメント1回戦の2ndレグが5月31日に行われ、浦和レッズが韓国の済州ユナイテッドを3対0で下しての準々決勝進出を決めた。

しかし、この一戦で両軍入り乱れる乱闘騒ぎがあったのだ。

 

一体何が原意となっているのか?

また、サッカー界での問題に浦和レッズが絡んでしる。理由はどうあれ、浦和レッズが関係していた試合。普通に試合を進めていれば考えにくい自体に、もう少し浦和レッズ側にも品位を保った行動をしてほしいと切に願っている。

 

 

 

2017ACL「浦和vs済州」試合結果

2017年AFCチャンピオンズリーグACL)決勝トーナメント1回戦で浦和レッズ済州ユナイテッド(韓国)が対戦。

試合結果▼

1st 浦和0−2済州

2nd 浦和3−0済州

合計 浦和3−2済州

 2試合合計ので浦和レッズが、ベスト8進出を決めた。

 

乱闘騒ぎが勃発

この試合中に選手やコーチ、関係者を巻き込み乱闘ぎがおきたのだ。

乱闘騒ぎ▼

浦和レッズ3−0 済州延長後半アディショナルタイム

コーナーフラッグ付近でパスを回し、時間を消化していた柏木や森脇に済州の選手が詰め寄りベンチメンバーも加わる乱闘騒ぎになった。

→浦和の主将・阿部勇樹に対してジャンピングエルボーを見舞った

 

 たしかに、ジャンピングエルボーを見舞ったのは到底許されることではない。カードがでても当然だ。スポーツ選手としてあり得ない。

しかし、ただ試合に負けているからと言ってそんなことを「プロ」の選手がするだろうか…

 

「原因」乱闘騒ぎのキッカケになったプレー

乱闘騒ぎに引き金となったのは、浦和がCKからボールキープした際に起きた。途中出場のFWズラタンらと済州の選手が衝突。そのとき、主審と副審が止めに入ったが選手がヒートアップ。ビブスを着た済州の控え選手DFペク・ドンギュがピッチに乱入したことから始まる。

 

「原因」は浦和レッズにもある

今回の乱闘の原因はだけではないと監督は言う。

これには、たしかになと思ってしまう…

延長後半9分にDF森脇良太が値千金の決勝ゴールを決めると、槙野がガッツポーズで喜びを表現。

得点を決めて、喜ぶのは何の問題もない。しかも、死闘での得点。それは喜びは爆発するでしょう。しかし、ただ単にガッツポーズに起こり、乱闘騒ぎを起こす選手はいるのだろうか?

なにか挑発的な行動を取ったのではないかと疑ってしまうのも仕方が無い。

浦和レッズは、あの一件もあるので紳士なチームだあるとは胸を張っては残念ながら思えない。

あの一件とは、浦和レッズ森脇選手が、鹿島アントラーズの外国人選手に対し「くせえんだよ」と発した事件。森脇選手本人は、小笠原選手に対する発言だというが…どちらにしてもサッカー選手、サッカー界及び浦和レッズの品を落とした行動であることは間違いない。

※個人的な見解です。不愉快な思いをさせてしまった場合は大変申し訳ございません。

 

済州チョ・ソンファン監督コメント

一方的なものではないと思う。お互いの行動と言葉が衝突を引き起こした。

試合が終わろうとしていた時、浦和の選手が我々のベンチに向けてセレブレーションをした。それでこちらの選手たちも興奮した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170601-00010001-footballc-socc

セレブレーション(Celebration)とは…祝い事という意味。

 

試合終了後も収まらず

試合終了の笛と同時に浦和レッズの選手達、は喜びを爆発させた。しかし、済州の選手やスタッフがその浦和の選手たちの輪の中に入り、またしても乱闘を仕掛けた。

浦和のロドリゴ通訳に体当たりをするスタッフや、DF槙野智章を追いかけてスタジアムの選手出入り口まで殺到する選手たち、ペットボトルを浦和の選手たちに向けて投げつける済州のスタッフなど、ピッチ上は大混乱に陥り、試合後に整列して挨拶する場面もなかった。

この状況においても、浦和レッズの「喜びを爆発させる」行為には私は違和感を感じる。勝利した事に対して、喜ぶのは大いに結構。しかし、相手チームの想いを考えると、少しは控えめな行動をとってもよかったのではないだろうか。浦和レッズの選手達はすこし紳士的な高度がとれていないのではないだろうか。

 

まとめ

先日の、森脇選手の鹿島アントラーズ選手への暴言の一見もある。やはり日本のサッカーはレベルが低い。としか思えない。

勝つための行為だとは言うが、時間稼ぎの意味不明なボール回しはなくしてほしい。まったく見ていて面白くもないし、子供にあんなプレーは見せたくない。

 

  • あからさまな時間稼ぎ
  • 大げさな痛がり

コレは本当になくなってほしいと願っている。

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク