Rakugaki

スポーツ、芸能、ニュースなどの最新情報をお届けします。

感想・レビュー【多動力】著・堀江貴文。「本が苦手でも、3時間で読めてしまった…」

スポンサーリンク

f:id:youteg:20170601175811p:plain

堀江貴文「多動力」

2017年5月27日に発売を開始した、堀江貴文さんの「多動力」を早速読みました。本どころか、マンガでさえ、めんどくさくって読むのを途中でやめてしまう私でも、なんと読みはじめてから3時間で読めてしまった。

 

 

とにかく、1つ1つの要素が適度な長さで、リズムがよくよめました。読みやすい。実践しやすいカタチになっています。

ぜひ、読んでみてください!

 

各章ごとに感想とレビューを完結に書いて見ました。

 

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった

コツコツやったところで、なにも残らない。

 

第2章 バカ真面目の洗脳を解け

 更新中

 

第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ

小学生時代、毎朝4時に起きてパワプロをやってきたときのことを思い出しました。土日の、しかもゲーム時間は1時間と決められていたルールですが。

母より早く起きれば、時間をごまかせるんじゃないかと。とにかく、パワプロがやりたくってしょうがなかった。

それがサルのようにハマるってことか。

パワプロ実況パワフルプロ野球。野球ゲームです。

 

第4章 「自分の時間」を取り戻そう

会社につとめて働くことが普通ではない。自分の時間は自分でしか使えない。時間を売って仕事をするメリットはもうない。

 

 

第5章 自分の分身に働かせる裏技

「自分の時間」を取り戻すことの先にあること。もっと自分の時間を取り戻すために。より、自分の時間だけで人生を送りたい。

 

第6章 世界最速仕事術

 更新中

 

第7章 最強メンタルの育て方

 更新中

 

第8章 人生に目的なんていらない

いきている意味って何だろう。ってたまに定期的に考えていた時間がもったいない。いまを楽しく生きることでいい。んだと感じさせられた。

 

まとめ

コレからの時代。1つのことを突き詰めている時間なんてない。もったいない。

もっと自分の好きなことだけをしていきていこう。

サルのようにハマり、鳩のように飽きよ

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク