Rakugaki

スポーツ、芸能、ニュースなどの最新情報をお届けします。

新種目は一体なに?【東京五輪】オリンピックの新種目がきょう決定!!

スポンサーリンク

f:id:youteg:20170609114548p:plain

引用:東京2020大会エンブレム|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

2020年東京で開催される東京オリンピック、新種目が今日(6月9日)決定する。いったいどの種目が選ばれるのか、それぞれの団体は息をのんで吉報を待っていることでしょう。

候補に挙がっている7種の競技・種目をおさらいしておきましょう。

また、種目が決定次第、こちらでも更新します。

 

 

 

東京オリンピック新種目

国際オリンピック委員会(IOC)がスイス・ローザンヌで臨時理事会を行い、東京五輪の実施全種目を発表する。

決定後、更新予定です。 

 

新種目候補一覧

現在上がっている新種目候補は、7競技からなる。もちろんどれも種目として増える方タイになるので、もともと競技としてはすでにオリンピック種目になっているものばかりだ。

 

候補①競泳

男女:混合

種目:メドレーリレー

メドレーリレーはもちろん、 すでに競技に入っています。しかし、今後というのは種目としては入っておりませんでした。競泳は日本チームも強い競技なので、新種目になるとメダル獲得数に影響をもたらすでしょう。

 

候補②シンクロ

男女:混合

種目:デュエット

日本のシンクロは女性が強いというイメージ。しかし、男性のシンクロとはあまり聞いたことはなかった競技ではある。 

 

候補③バスケットボール

男女:男女

種目:3人制

3人制の バスケットボール。これは正直に日本がメダルを獲得するには難しい競技だろう。体格の大きい外国人選手に対し、通常より2人もすくない3人制。より一人ひとりの実力差が影響をおよおしてくると予想。新種目に追加されても、アメリカなど強豪国のメダル獲得が有力かと。

 

候補④柔道

男女:混合

種目:団体

柔道の混合団体は、日本にとって有利な種目でしょう。日本はやはり柔道界を引っ張っている国。他国でも強豪選手はいますが、団体のように複数選手を集めることは難しいと考える。その点、日本はやはり有力で実力のある選手が多い。母国開催のオリンピックで新種目に追加さることで、メダル獲得は期待大。

 

候補⑤トライアスロン

男女:混合

種目:リレー

トライアスロンをリレー形式でしかも、混合。どういったルール、レース内容になるのか個人的には非常に興味深い種目です。ですが、やはりこちらも体力のある外国人選手が有利になのはかわらないかと。種目に選ばれた場合は、どれだけ選手をあつめれるのかが問題になってくると思う。 

 

候補⑥卓球

男女:混合

種目:ダブルス

とにかくオリンピックにつかしてほしい種目ですね! 先日行われた世界卓球で吉村真晴/石川佳純ペアが混合ダブルスで日本人48年ぶりの金メダルを獲得。この結果であれば、もちろんオリンピックでもメダルを期待してしまう。世界卓球では、その他の種目でも日本人選手は活躍をしており。皆が大きく期待している競技のひとつでしょう。

 

候補⑦アーチェリー

男女:混合

種目:団体

前回のオリンピックでもアーチェリー選手の活躍はありました。集中力を必要とするこの種目は、日本人にとっても得意な競技の一つかと。追加種目として選ばれれば、活躍を期待できる種目。

 

まとめ

2020年東京オリンピック。やはり追加種目は気になるところです。日本選手団のメダルにも大きくかかわってくるからだ。どの種目でも日本人選手の活躍が期待できそうなので、できればすべて追加して欲しいくらいだ。

いったいどの種目が追加されるのか?今日すべてがきまる!

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク