Rakugaki

スポーツ、芸能、ニュースなどの最新情報をお届けします。

開発は、あの有名なのジーンズメーカーだった!!【岡山県関西高校】が制服に国産デニム生地使用

スポンサーリンク

f:id:youteg:20170614155044p:plain

引用:http://www.japanblue.co.jp/

岡山県ににある高校が、制服に国産デニム生地をしようした学生服を採用した。学生服に、デニム。今まで考えられなかった組み合せだが、どういった経緯でこうなったのか?また、どこのジーンズメーカーの生地なのか非常に気になります。

 

 

国産デニムを使用した学生服

f:id:youteg:20170614153235p:plain

引用:http://news.livedoor.com/article/image_detail/13198661/?img_id=13056457

学校法人関西学園岡山市北区)が、国産デニム生地の学生服を発表した。

それは、濃紺のブレザーになる。

 

岡山県関西高校が採用

関西学園岡山県内唯一の私立男子校。

2017年秋に創立130周年を迎える。創立130周年を機に、年詰め襟の学生服からの変更を検討していたようだ。

 

丸洗い可能

一般のデニムの約3倍の摩擦強度があり、色移りも全くない。ほかの衣服と家庭用洗濯機で丸洗いができるのも特徴のひとつだ。

これは、ご家族にとっても非常にたすかるだろう。

 

デニム生地制服の着こなし

デニム生地は上着のみになる。ズボンにはベージュ色のチノパンを合わせる格好になる。

 

ジーンズメーカー「ジャパンブルー

今回、制服のデニム生地の開発をしたジャパンブルーでは、数々のブランドをからなる会社である。

 

日本国内

桃太郎ジーンズ直営店5店舗

JAPAN BLUE JEANS直営店3店舗、

 

取扱店

桃太郎ジーンズ約140店舗

JAPAN BLUE JEANS約190店舗

 

 

桃太郎ジーンズ▼

2006年始動。
岡山といえば、桃太郎。桃太郎といえば、岡山。
出陣、銅丹、VINTAGE、レディス等の各レーベルを取り揃え、国産の底力を世界に発信しています。
ものづくりにこだわるジーンズカジュアルブランド。

 

COLLECT▼

1992年起業。
ハイテクと伝統の技との融合によって新たな価値観を生み出しているテキスタイルの企画・販売事業部。
日々探究と研鑽を重ね、「MADE IN JAPAN DENIM」の可能性を広げ続けています。

 

JAPAN BULE JEANZ▼

2011年始動。
海外へMADE IN JAPANのクオリティを広めるためにスタート。欧米で認められたシルエットに、国産のクオリティを組み合わせた新しい価値観のジーンズを提案しています。

 

SOULIVE

2013年始動。
BLUXE=特別な青。
青という色の様々な見せ方を追求している事業部。
ラグジュアリーブランド「SOULIVE」スタート。

 

SETTO▼

2014年始動。
本質を大事にする
飾り気のない誠実な洋服づくり。
In durable, style & simplicity.

 

RAMPUYA▼

1996年起業。
日本の色、日本の青、ジャパンブルー
日本の歴史や文化を背景に、その背後にあるその時の人々の想い、モノづくりの手法や技法を探究し続け、新たな手法で世界に発信します。

引用:http://www.japanblue.co.jp/brand/factory/

 

「桃太郎ジーンズ」

f:id:youteg:20170614153705p:plain

引用:http://www.momotarojeans.com/

ジャパンブルーが開発したのが「桃太郎ジーンズ」。桃太郎ジーンズは、世界22カ国で販売するほどの人気を集め。

ジャパンブルーが染織技術を駆使し、8万回の摩擦に耐える生地素材を開発したジーンズだ。

 

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク