Rakugaki

スポーツ、芸能、ニュースなどの最新情報をお届けします。

『手紙全文』を公開!!黒柳徹子から野際陽子さんへ宛てた手紙に涙する声が…

スポンサーリンク

f:id:youteg:20170616135443p:plain

引用:http://news.livedoor.com/article/image_detail/13208659/?img_id=13074205

6月13日になくなった女優の野際陽子さんへ、黒柳徹子さんが手紙を書いた。その手紙がネットで多くの反響を生んでいる。

 

野際陽子さん死去

野際陽子さんは、13日に肺腺がんで亡くなった。野際さんと黒柳さんは60年来の親友だったのである。

 

手紙全文

大好きだった、そして仲良しだった野際陽子さんへ

 

NHKに入ったのが、およそ60年前。あなたはアナウンサー、私は放送劇団。その頃からもう気が合っていて、一緒にフランス語を習ったり、同じ洋服屋さんで、お洋服を作ってもらったり。

私は、あなたの感覚が、好きだったし、何より正直だった清らかなあなたが好きでした。

長いことFAXでやりとりしましたね。流れるように美しい字のあなたのFAXは、カタカタと静かに送られてきました。大きくてガタガタの字の私のFAXは、あなたと対照的に、恐らく、ドタドタとお宅に到着したことでしょう。

いつになったら、あなたが「やすらぎの郷」に沢山出ていらっしゃるかと、楽しみにしていました。あなたが病気で、それどころではない、なんて知らなかったのよ。一緒に芝居をやりましょうとか、よく話しあいましたね。

野際さん、胸がいっぱいで、悲しく、なんと言ったらいいのか、わかりません。転勤で名古屋でのあなたの個人アパートに泥棒が入った話は、おかしくて「徹子の部屋」だけでも、4回は、して頂きましたね。いやがらずに、よく話して下さったわね。

この2、3日は、ずっとあなたのことを考えていました。どうしてでしょうね。

そういえば「死」ぬときのことなんかも、呑気に話しあっていましたね。次にあなたにお会いしたとき、どんなだったか話し合いましょうね。

野際さん、あなたのいらっしゃらない、この世界は、寂しいです。本当にお友達がいなくなったようです。

じゃ、今度お会いするまでね。お友達でいて下さってありがとう。

黒柳徹子

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000058-dal-ent

 

ネットでの反応

「60年来の友達を喪うって、どんな気持ちなんだろう」

「悲しくて、暖かくて、なんだか涙がでそうです」

「グッときた」「うつくしくて泣いてしまう手紙」

 

確かに60年来の友人などなかなかいないのではないだろうか。2人の出会いはアナウンサーと劇団。違った境遇の2人だからことこんなにも長く仲良くしてこれたのだと思う。

広告を非表示にする
スポンサーリンク