Rakugaki

スポーツ、芸能、ニュースなどの最新情報をお届けします。

つまずきやすい歩幅は?【たけしの家庭の医学】番組内で紹介した転倒防止法とは!?

スポンサーリンク

f:id:youteg:20180724133441p:plain

本記事では、7月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の概要をまとめていきたいとおもいます。

 

番組では「健康寿命」をテーマに「元気で長生きするために」今からやっておくべき、今知っておくべき情報を丁寧にご紹介しています。

 

\無料体験 開催中/

 

7月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の番組概要

www.youtube.com

 

見どころ

  • 【血管を若返らせる科】
  • 【肝臓の老化を止める科】
  • 肝臓の老化を止め、若返らせる効果が期待できる栄養素があった!肝臓の線維化を予防・改善してくれる栄養素とは?
  • 【つまずき・転倒を防ぐ科】
  • 筋肉の衰えではない、つまずき・転倒を招く新原因があった!今すぐ家庭でできる予防法を大公開!
  • このほか、【セカンドオピニオン外来】のテーマでもお届けする予定です。

 

「名医とつながる!たけしの家庭の医学」番組概要

内容Ⅰ-血管の老化

厳しい暑さが続く毎日…暑い夏に特に気を付けなければいけないのが『血管の老化』。そこで暑い中でも血管を若く保つ方法をご紹介!キーワードは「温泉」。“ある特徴"の温泉に入れば、血管年齢を下げる効果が期待できるという。さらには、自宅でも出来る入浴法もご紹介!

 

内容Ⅱ-肝臓

肝臓の老化を止め、若返らせる効果が期待できる栄養素があった!実はアルコールを全く飲んでいないのに、肝臓が異常をきたしているケースが多いことが最近分かってきた。そのキーワードは「肝臓の線維化」。線維化の予防・改善効果が期待される栄養素…それを多く含む食材とは?

 

内容Ⅲ-つまずき転倒

筋肉の衰えではない『つまずき』『転倒』を招く新原因があった!今すぐ家庭で出来る予防法を大公開!背骨がキレイなS字でなくなり、真っすぐになると危険?バスタオル1枚を使った背骨のS字回復&つまずき・転倒予防法!

 

内容Ⅳ-ひざ痛

名医のセカンドオピニオン ただの『ひざ痛』のはずが、普通に歩けない身体に…?頑固な畳職人が、ひざ痛を我慢し仕事が出来なくなってしまう。薬を飲み、リハビリに励んでも、どんどん悪くなっていく足。夫を想う妻が探し当てた名医が、その真の原因を探り当てる!

引用:名医とつながる!たけしの家庭の医学|朝日放送テレビ

 

「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送されたつまずきやすい歩幅とは?

分かり次第更新予定。

 

 

\子供には迷惑をかたくない…/

 

「つまづきやすい歩き方」とは

  • すり足
  • つま先から歩を進める
  • 腕の振りが小さく、歩幅が狭い
  • 目線を足元ばかり向けている

と言われています。

 

上のように歩いている方は

  • つま先で地面を蹴って、踵から着地する。
  • 歩幅を広げてゆっくり歩く。
  • 前屈みにならないように注意する。
  • 背筋を伸ばし、遠くを見て歩くように心掛ける。

を意識してみると改善されるかもしれません。

 

これ以外に番組で紹介されると思うので要チェックです!

 

「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された転倒防止法とは?

分かり次第更新予定。

番組概要ではバスタオルを使った改善方法が紹介される予定です。

 

転倒防止法はバスタオルを使った方法以外に「足指じゃんけん」「足もじ」などの空いた時間に簡単に出来る体操があります。

 

転倒防止法①「足指じゃんけん」

足の指をじゃんけんのグー・パーと握ったり開く。

足指じゃんけんをすることで足の指が使えるようになると、地面をしっかり蹴り出せるようになります。また、転びそうになったときも、踏ん張ることができるようになります。

 

転倒防止法②「足もじ」

椅子にすわって、片方の足を挙げ、膝をまっすぐのばします。

この時、反対の足は床にしっかりつけておきます。これを交合に行います。

足もじをすることで、 腿の筋肉と腹筋を強くすることで、歩行時のふらつきを減らすことが出来ます。

 

参照元https://hachioji-sannou.or.jp/nl/0710.pdf

 

7月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」出演者

・司会

ビートたけし

・アシスタント

澤田有也佳(ABCテレビアナウンサー)

・ゲスト

榊原郁恵、草刈民代相田翔子具志堅用高ガダルカナル・タカ

 

スポンサーリンク