読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rakugaki

スポーツ、芸能、ニュースなどの最新情報をお届けします。

【理由は?】ボールボーイの中学生を小突いた徳島DF馬渡選手の主張

f:id:youteg:20170429193354p:plain

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-01639215-gekisaka-socc.view-000

「感情がバッと出てしまった…」

 

「4月29日 J2第10節」のジェフユナイテッド千葉徳島ヴォルティスの一戦で問題が起きた。それは、選手がボールボーイの中学生を「小突いた」のだ。

もちろん、なにか理由があったとは考えられるがあまりにもプロとしての意識の欠落にがっかりした。

 

ありえないとしかいいようがない。

 

 

徳島DF馬渡選手が「ボールボーイ」を小突いた

 

前半14分事件が起きた。

左サイドを駆け上がった徳島ヴォルティスDF馬渡和彰選手

ペナルティーエリア外から飛び出したゴールキーパー佐藤優也選手にクリアされる

馬渡選手はスローインしてプレーを再開しようとした

次の瞬間・・・

馬渡選手がボールボーイからボールを受けようとしたが、ボールボーイの対応が一瞬遅れてしまった。

 

それに怒った馬渡はボールボーイを小突いたのだ

 

相手は中学生

ジェフユナイテッド千葉DF若狭大志が説明するには、ボールボーイは中学生くらいのこだという。

 

ジェフユナイテッド千葉 若狭選手の対応

東洋大で馬渡選手の先輩にあたるジェフユナイテッド千葉のDF若狭大志は「お前は悪くないぞ」と少年に声を掛けたとその時の状況を説明した。

ハプニング後もボールボーイとしての仕事を行った少年に頭を撫でながら声を掛けていた。そして、後輩である馬渡の行動には「若過ぎる。反省してほしい」と反省を促した。

 

若すぎる・・・

 

若いと言ってももうプロの選手だ。大事な場面だと言うのはわかるが、ボールボーイの反応に対しあり得ない行動だ。相手が中学生だということは、見た目で分かるはずにもかかわらず…非常に残念といしかいいようがない。

 

馬渡選手のコメント

「GKが出ていた状況だったので、早くリスタートしたかったけど、早くもらえなかったと思い、僕の感情がバッと出てしまった」

「でもどういう状況であれ、大人として、サッカー選手として軽率な行動でした。非常に後悔していますし、深く反省しています」

「顔を見てしっかり謝りたかった」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-01639215-gekisaka-socc

試合後には直接ボールボーイの元へと向かい謝罪したようではある。

 

「サッカー選手として」のまえに考えることがある。大人であること、プロであることをもう一度認識してほしい。

 

スポンサーリンク