Rakugaki

スポーツ、芸能、ニュースなどの最新情報をお届けします。

2017【大会4日目】対戦カード一覧|「第99回夏の甲子園」組み合わせ抽選会

スポンサーリンク

f:id:youteg:20170804171459p:plain

引用:全国高等学校野球選手権大会 - Wikipedia

第99回夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)の組み合せ抽選会が終了した。

春夏連覇を目指す大阪桐蔭(大阪)や、夏の甲子園2連覇を目指す作新学園など今年も強豪校がそろうなか。

ひときわ組み合せ抽選会で、注目を浴びたのが・・・

大会第4日目だ。

全試合、強豪同士のぶつかり合いで朝から高校野球ファンを熱中させそうだ。

 

 

2017甲子園「組み合せ抽選会」

8月4日に夏の甲子園の抽選会が実施。

ついに今年の夏も、高校野球の季節がやってきた。

 

「大会4日目」対戦カード一覧

第4日目:8月10日(木)

  1. 広陵vs.中京大中京
  2. 横浜vs.秀岳館
  3. 興南vs.智弁和歌山
  4. 大阪桐蔭vs.米子松蔭

どの対戦カードをみても、1回戦ではもったいない強豪同士の対戦だ。

 

第1試合 広陵vs.中京大中京

8月10日 8:00〜

巨人・小林捕手、広島・野村選手の母校広陵が久々の甲子園。

彼らのときのような絶対的な強さはないが、やはり伝統校甲子園までにしっかしと仕上げてくるでしょう。

 

また、対戦相手には広島・堂林選手の母校・中京大中京

激戦区の愛知を勝ち上がってきたチームは侮れない。

決勝での対戦カードでもおかしくない試合に多くの高校野球ファンが注目するでしょう。

 

第2試合 横浜vs.秀岳館

8月10日 10:30〜

 

2試合目は、コチラも伝統校の横浜が登場。

対戦相手は力をつけてきた秀岳館

秀岳館は、地元の選手がすくなく地元住民になかなかな応援してもらえていないようだが、ベスト4の壁をこえ、優勝を勝ち取れば住民も心を開いてくれるかもしれない。

 

横浜も、1回戦でそうそうに敗退などはできないはず。

神奈川県代表を背をって全力でむかってくることだろう。

 

第3試合 興南vs.智弁和歌山

8月10日 13:00〜

 

高校野球ファンにはたまらない一戦だ。

興南智弁和歌山

どちらも地力がありそう簡単にはゲームをゆずらないだろう。

1回戦を勝ったチームは、勢いをつけいいところまで残りそうな予感がする。

 

第4試合 大阪桐蔭vs.米子松蔭

8月10日 15:30〜

 

選抜甲子園を優勝した大阪桐蔭も、4日目に登場。

大阪府予選では、準決勝でライバル履正社に危なげなく勝利

決勝でも、きっちりと勝ちきってきました。

 

まずは夏の甲子園での1勝をてにし、決勝前こまをすすめたいと考えているはず。

 

対する米子松蔭も、そうは簡単に大阪桐蔭の好きなようにはさせないだろう。

鳥取のチームは毎年、派手さはないがしっかりとしてチームをつってくる。

ロースコアのゲーム展開に持ち込むことができれば、勝機も見えてくる。

 

夏2連覇を狙う「作新学院

夏の2連覇をねらう作成学院は大会2日目に登場。

じつは、2日目も好カードがそろっている。

2日目にも注目をしてほしい。

 

第2日目も熱い

  1. 作新学院vs.盛岡大付
  2. 松商学園vs.土浦日大
  3. 前橋育英vs.山梨学院
  4. 日大山形vs.明徳義塾

昨年の優勝校の作新学院が登場。

対戦相手も、盛岡大付とこちらも強豪。

昨年の優勝校とはいえ、1回戦敗退もかんがえられる。

 

第3、4試合目も目がはなせない。

優勝経験のある前橋育英と、東海大甲府にかった山梨学院。

関東勢の試合というのが、とても残念だ。

 

4試合目は、古豪・明徳義塾の登場。

悲願の優勝にむけて1回戦での敗退はぜがひでも免れなくてはいけない。

 

まとめ

早稲田実業の清宮選手、履正社の安田選手と昨年から注目の2人がまさかの甲子園に出場しないという事態に。

しかし、彼ら以外にも注目の選手は多くやはり今年の甲子園からも目が離せない。

 

夏の栄光を掴むのはいったいどこの高校なのか?

 

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク